テーマ:知識

中秋の名月(その3)

   『もちろん主役はお月様』 十五夜と言っても満月とは限りません。 月の満ち欠けの周期は、平均29.5日。月の軌道が正円でないこともあって、 新月から満月までの日数が15日になるとは限らないからです。 ちょっと意外ですね。 ちなみに今年は、9月27日(木曜日)が満月です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中秋の名月(その2)

   『月見と言えばおだんごとススキ』 お月見といって思い出すのは、おだんごとススキ。 ススキは、尾花とも呼ばれ、秋の七草のひとつです。 お供えしたススキを家の軒に吊るしておくと一年間病気をしないという 言い伝えもあるそうです。 ススキを魔よけとして飾ることも多いようです。 お供えのおだんご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月(その1)

  『9月25日は、お月見をしよう』 月見(つきみ)とは、文字通り、月を眺めて楽しむことです。 一般的に「お月見」と言うときは、特に旧暦の8月15日(十五夜)、 9月13日(十三夜)の月を見ることを言います。 2007年の十五夜は、9月25日(火曜日)です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について 『ストレス社会に生きる知恵』 森林セラピー 太陽の光に輝き、風にそよぐ樹木の葉、植物や土の混ざり合った自然の香り・・・。 森を歩いてリラックスした経験は誰にもあることでしょう。 森林浴の効果が科学的に証明できた森を、医学…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について ☆庶民の見た幕末・明治☆ 『横浜開港150周年』  ≪立ち小便で罰金払う≫==仮名垣魯文==  1872(明治5)年2月17日の「横浜毎日新聞」は、戯作者の仮名垣魯文が 本町(現在、横浜市中区)の路上で立ち小便をして邏卒(警察官)に見つかり 罰金を払ったと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について ☆旅する世界の豆知識☆ ≪顔写真をしのばせて≫ 海外に出かける際には自分の顔写真を必ず持って行きましょう。 最低でも2~3枚、パスポートサイズのものを用意するとよいでしょう。 スナップ写真の上半身を切り取ったものでも良いでしょう。 これは、まず第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について

「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」について 夏バテ対策・・・うなぎ!? 夏になると聞くのが 「土用の丑の日」。 うなぎを食べる日・・・とかってスーパーでもたくさん見かけますけど、 この日にうなぎを食べるようになったのは、江戸時代。 平賀 源内さんが、うなぎやさんに相談(夏場に売れない)されて「本日、土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more