テーマ:風習

中秋の名月(その3)

   『もちろん主役はお月様』 十五夜と言っても満月とは限りません。 月の満ち欠けの周期は、平均29.5日。月の軌道が正円でないこともあって、 新月から満月までの日数が15日になるとは限らないからです。 ちょっと意外ですね。 ちなみに今年は、9月27日(木曜日)が満月です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中秋の名月(その2)

   『月見と言えばおだんごとススキ』 お月見といって思い出すのは、おだんごとススキ。 ススキは、尾花とも呼ばれ、秋の七草のひとつです。 お供えしたススキを家の軒に吊るしておくと一年間病気をしないという 言い伝えもあるそうです。 ススキを魔よけとして飾ることも多いようです。 お供えのおだんご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月(その1)

  『9月25日は、お月見をしよう』 月見(つきみ)とは、文字通り、月を眺めて楽しむことです。 一般的に「お月見」と言うときは、特に旧暦の8月15日(十五夜)、 9月13日(十三夜)の月を見ることを言います。 2007年の十五夜は、9月25日(火曜日)です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more