二人のときを


          何の変哲もない 毎日にも

          風が吹いて 雨が降って

          いろんな色の 花が咲く




          そんな小さな あれこれを

          愛でるように 重ねていこう




          向かい合って 会話をし合い

          互いの心を 見つめ合う

          たわいのないことで 二人して

          ケラケラ笑い合って・・・

          隣に寝てる あなたの鼻をつまんで

          クスッと してみたり・・・




          このような 些細なことが嬉しくて
                と き
          二人の時間を 大切にしたい

          一緒に 暮らすということは

          つまりは そういうことだから........





画像
            【 カーネーション と 霞(かすみ)草 】
              



    『拉致された方々が、御家族のもとへ早く帰れますように!』          

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年06月19日 07:57
そう、何の変哲のない道でも発見したり疑問をもったりするこで、ふたりでキャチボールできますね~

そこから花が咲いて嬉しくなるものですね♪

新鮮な生活のうちはそういうのが見えてくるから、いいのにね~

でもね年月が経った時にそういう会話をできて、初めてホントの夫婦になれるような気がするの。

言葉は惜しんではいけないのね~
ちょとした言葉も吐き出してみようかな☆彡

大事なことに気づかせてもたったょ~
いつもありがとぉ~えれんさん
2010年06月19日 09:06
ヾ(゜v ゜*)ノ オハヨウ♪

夫婦を長くやっていると、会話にしても
”あっそう””ふーん”なんて、何と返事
しかしてない夫婦が多いと云われますが、
それでは、会話になっていませんよね。
やはり、言葉のキャッチボールがあって
こそ夫婦のコミュニケーションが計れるの
でしょうね~
価値観が同じってことも必要なのかも知れ
ませんね。余りにも二人の価値観が違うと
やっていけないと思いますね。
笑いや、お互いの思いやりがあれば上手く
やっていけるのでしょうね。(≧ε≦o)ぶ
変哲のない生活でも、ちょっとしたエッセ
ンスを一滴注ぐだけで楽しく心地良い時間
が過ごせれば素敵ですね♪

コメ有り難う御座います。(^^♪カイワダイジネ!!
2010年06月19日 09:13
おはようございます。
ドラマの中の波乱万丈の恋愛より
普通の日常のやり取りが
あこがれますね(独身なので)
カーネーションが奇麗ですね。
オハヨッス♪( ̄▽ ̄)ノ"

ドラマのような波乱万丈の恋愛なんて、
そんなに有るものではないですよ~
変な女性に引っかからないようにすれば、
対外は普通の恋愛でしょうね。
平凡で健康が何よりの幸せだと思います
ので、貴方みたいな心が優しい男性には、
きっと優しい女性が現れると信じています♪

カーネーションは20日が父の日ですので、
亡き父に感謝の気持ちを込めて玄関前の
ニッチに生けました。

コメ有り難う御座います。(^^♪イイヒトアラワレテ!!
2010年06月19日 14:29

姫はロマンチックだね・・・いつも夢を見ているのだ(*^_^*)
2010年06月19日 14:34
こんにちは♪
楽あれば苦あり。
山あり谷あり。
人生を語る言葉って沢山ありますよね。

過度に身構えたり
危機感を抱くのではなく
自然に、ゆるやかに
日々を重ねていけたらいいな~
. . . と感じさせる詩ですね。

えれんさんは
過去には沢山の(←強調)恋をして
中には苦しい経験もあったのでしょうが
現在の穏やかな暮らしぶりが窺われます。
2010年06月19日 17:03
以前は特別なことや、ロマンチックな事にあこがれたものです。
でも色んなことを経験すると些細な事が何よりも輝いている時間なのかなって思うようになりました。
カーネーションとかすみ草が綺麗ですね♪
2010年06月20日 11:18
本当にそうですよネ(#^.^#)
大切な人との毎日はひとつひとつが宝物で、
小さな出来事をひとつひとつ愛でながらこう
して生きてゆくのだろうと感じています。
えれんさんの想いが浸みて来ます(*^_^*)
2010年06月21日 08:21
ささやかな日常のしぐさに互いを思う心が溢れている爽やかな詩ですね。
歳を重ねても、戯れの気持ち持ちたいですね。
2010年06月21日 09:34
こんにちは(^-^)
なにげない毎日の中にささやかな幸せっていっぱいあるんですよね~♪
クスッと小さな笑いの中の大きな幸せ*^-^*
そうやって築いてきた夫婦の絆。
これからもその絆を確かなものに変えていきたいですね。
そしていつも笑顔が絶えないように・・・そんな優しさを持っていたいです*^-^*
2010年06月26日 20:31
こんばんは。
本当にそうですよね。何の変哲もない日のようであっても、きっと毎日何か違う事があるんですよね。
5年前位から、3度にわたり今の病気で入院した時は、家族を含め友人にかなり多くの心配を掛けてしまった事があります。
本来、家に生活しているものが入院という壁で仕切られた時に、つくづく「早く帰りたい!」と思った事はありませんでした。
2010年06月27日 16:45
こんにちは~
あら、バカボンさん夢ではないのですよ~
これが、現実なのよ~
姫は、ロマンチストなのである・・うふふ

コメ遅くなり済みませんでした。m(__)m
2010年06月27日 16:54
こんにちは~
沢山の所を強調しないでね。皆さんと同じ
位(普通)ですよ。←(強調します)
気負わずに、ありのままを出せて自然に
過ごせることが、今は大切に思えますね。

コメ遅くなり済みませんでした。m(__)m
2010年06月27日 17:01
こんにちは~
若い頃は、毎日何か変化を求めて生きていた
ように思えます。しかし、それも歳を重ねる
毎に大きなことではなくて、ほんの些細な
ことに心が動かされ感動したりしますね。
そのような事を、いつまでも大切にしたい
ですね。

コメ遅くなり済みませんでした。m(__)m
2010年06月27日 17:13
こんいちは~
毎日の中で、忘れがちなことを思い出して
みますと、小さな些細なことの積み重ねが
だんだんと二人の絆にもなっていますし、
初心を忘れずに、感謝の気持ちって大事
だと思ったりしています。これから先も
宝物がもっと増えていきますように♪

コメ遅くなり済みませんでした。m(__)m
2010年06月27日 17:29
こんにちは~
やはり殿方は、歳を重ねても気を引いて
欲しいとか、構ってもらいたいのでしょう
か・・。
あぁ~煩いなぁー何て思うこともしばし
ありますが、最低限のコミュニケーション
は保っていけたらと思いますね。
いつも笑顔でいたいと心では思っていても
なかなか、現実は色々あってですね。
まぁ~ゆったりと過ごせていけたら良い
ですね~

コメ遅くなって済みませんでした。m(__)m
2010年06月27日 17:42
こんにちは~
>小さな笑いの中の大きな幸せ・・<
とても、素晴らしい言葉だと思いました。
ちょっとした笑いの中から、お互いの絆が
強くなってゆくのでしょうね。
笑って嫌な気持ちになる事はないので、
笑いの絶えないような生活を大切にして
いきたいですね♪
笑うって云うことは、若返りの秘訣で又脳
を活性化して呆け防止にもなるとか云って
ましたよぉ~今からでも遅くはないよネ☆

コメ遅くなって済みませんでした。m(__)m
2010年06月27日 18:06
こんにちは~
そうですね~入院とかすると、本人は勿論
廻りの方々が心配してくれたり、ご迷惑を
掛けたり、でもね お互い様なのですよ。
皆、誰かに支えて貰いながら生きているの
ですから・・。
誰も、病院が好きな人はいませんものね。
そう云う時ほど、家での生活が懐かしく
なり早く帰りたいものですね。
人生、樂あれば苦もあり、なかなか思い通り
にさせてくれませんね。
皆、そう云う人生を繰り返しながら忍耐強く
なっていくのでしょうね。。

琵琶湖のアユさん、せっかく御訪問して下
さったのに、コメ遅くなって済みませんで
した。m(__)m
2010年06月27日 22:55
お久しぶりです!

幸せな感じのする詩ですね~。
ひとりひとり大切な一日一日ですから・・・。

えれんさんの優しさが、つたわってきます。
2010年06月28日 01:42
こんばんは~☆
大分長らくブログお休みしていたので心配
していましたよ。
でも、また復活されてなによりです。
マイペースで進んでいけたらと思います。

何気なく過ごしている毎日でも、色々な事
があるものですね。
歳を重ねる毎に、日々の大切さを身に沁みて
きます。
生活するには、嫌なこともありますが毎日を
笑って過ごせるようにしたいです♪

コメ有り難う御座います。(^^♪ヒビヲタイセツニ!!

この記事へのトラックバック