「第60回★好きな虫、キライな虫」について

第60回★好きな虫、キライな虫」について

あの胴体が長く足も長く細長い 「カマキリ」 は、イヤですね。
胴体が青いのや、茶色のもいますね。
茶色は、歳をとっているのかなぁ~??

父が死んだときに、見たこともない綺麗な 「蝶」 が飛んできたんですよ。
そして、それから毎年のお盆には必ず、見たことのない綺麗な「蝶」
窓の近くにきます。
窓を開けてやると、お供物の置いてある部屋を一周して外へ出ていきます。
父の生まれ変わりだと思い、「蝶」 を静かに見守っています。
この綺麗な「蝶」だけは、愛しいですね。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月28日 14:57
いいですねー この日記は(それともエッセイ)
・・・。
きっと、お父上の魂が千の風となって、蝶を
導き、えれんさんに思い出させているんでし
ょうねッ 俺がちゃんと見守ってるよって・・。
ほんとにいい話です・・・。

この記事へのトラックバック